農園紹介

メッセージ

どんなに季節を追いかけても、必ず終わりが来て、たいてい強い雨や風と共に次の季節がやってきます。厳しい自然のうつりかわりの中にも、新しい季節の気配を感じられるようになって。それは、雲の高さだったり、空気の匂いだったり。

結論から申し上げますと、そんな季節の変化を感じたくて、農業の世界へ入りました。
ふらっ風に誘われるような感覚でした。

農業を取り巻く環境を鑑みると、いささか安易だったかもしれません。
でも、人生をより豊かなものにするには、直感を素直に信じて行動することも必要です。
もし、あの時行動に出ていなかったら、本当に季節を感じ取ることも、自分で作物を育てる喜びも、得ることができなかったはずなのです。

僕にとっての農は、日常を豊かにしてくれるツール。
季節を感じて、採れた作物を食卓にのせて、家族や友人と収穫の喜びを分かち合うことに喜びを感じます。

農がすぐそばにあることで、日常をていねいに生きていく感覚が生まれてきて、日常をていねいに生きることで、豊かな時間を過ごすことができるようになりました。

農園でやっていきたいこと

雨風ふぁーむでは、多くの人に「農」を身近に感じてもらいたいと思っています。
作物を育てて、それを食べて生きることは人間にとってとても、大切なことだと思うし、多くの人に、農が身近にあることの楽しみや、豊かさを知ってほしいと思います。